未来学園の理念

Learning Together, Thinking Together

医療・福祉分野で30年以上の実績を持つ学校法人未来学園

学校法人未来学園は、法人本部を群馬県前橋市に置き、前橋医療福祉専門学校と高崎歯科衛生専門学校を含めて3校を運営しています。教育方針に「Learning Together, Thinking Together」を掲げ、学生と教職員が「共に学び、共に考える」教育を実践し、広く社会に貢献できる人材を育成するため、専門的な知識と技術を加え、人間性や倫理観を重視した教育を行っています。

全国でも有数の規模を誇る医療・福祉分野の総合学園として、30年以上の歴史の中で8,000名を超える卒業生を医療・福祉分野に輩出してまいりました。現在、約1,000名の学生が在籍しています。

近年、グローバル化が急速に進展していくなかで、企業・国家間の競争が激しくなっており、これまで日本人が備えていた教養や倫理観が失われつつあると感じることが少なくありません。
京都文化医療専門学校では、京都の伝統・文化・歴史を学ぶことを通じて、「日本人としての心」を軸にしたホスピタリティあふれる人材を育成することで、広く社会に貢献してまいりたいと考えております。

校長メッセージ

京都文化医療専門学校

校長 有田 敬

*時代が
あなたを待っています。

いま私達が生活している世界は、大変なスピードで変化する時代に突入しています。
地球規模では温暖化による気候変動、IT技術の進化、特にAIの進化による人間の役割の変化、日本においては少子高齢化による労働人口の縮小など、私たち人類が今まで経験したことがない、変化がスピードを上げて進んでいます。

そんな環境の中で、歯科衛生士の役割はどうなるのでしょうか?
医療の世界では、口腔内の健康管理の重要性が、研究の進化とともに知られてきています。人生百年時代に健康寿命を長く保つためには、幼児の時期から、高齢者になるまで、今迄以上に歯と歯肉など口腔内の健康管理が重要とされてきています。
その管理の役割を担うのが、歯科医師と歯科衛生士です。
時代は歯科衛生士を求めています。
実際本学の卒業生の就職求人倍率は最近の5年間は継続して10倍を超えています。

さあ、あなたも日本の将来を築くために、本学で技術と知識を学び国家資格を取得して、歯科衛生士を目指しませんか?
本学は熱意を持って、歯科衛生士として、社会に貢献しようと考えている人を待っています。

ページトップへ戻る