未来学園の理念

Learning Together, Thinking Together

医療・福祉分野で30年の実績を持つ学校法人未来学園

学校法人未来学園は、法人本部を群馬県前橋市に置き、前橋医療福祉専門学校と高崎歯科衛生専門学校を含めて3校を運営しています。教育方針に「Learning Together, Thinking Together」を掲げ、学生と教職員が「共に学び、共に考える」教育を実践し、広く社会に貢献できる人材を育成するため、専門的な知識と技術を加え、人間性や倫理観を重視した教育を行っています。

全国でも有数の規模を誇る医療・福祉分野の総合学園として、30年の歴史の中で7,000名を超える卒業生を医療・福祉分野に輩出してまいりました。現在、約1,000名の学生が在籍しています。

近年、グローバル化が急速に進展していくなかで、企業・国家間の競争が激しくなっており、これまで日本人が備えていた教養や倫理観が失われつつあると感じることが少なくありません。
京都文化医療専門学校では、京都の伝統・文化・歴史を学ぶことを通じて、「日本人としての心」を軸にしたホスピタリティーあふれる人材を育成することで、広く社会に貢献してまいりたいと考えております。

校長メッセージ

京都文化医療専門学校

校長 藤林 眞理

専門的な知識、技術に加え、
「和の心」を学びます。

生まれ育った京都西陣、留学したイギリス、タップダンサーとして活動したニューヨークや世界の国々で、多くの人々と出会い、様々な文化を体験してきました。その中でも、日本人の「相手を思いやる文化」は世界に誇れると思います。

それは教育においても最も大切だと考えています。
京都文化医療専門学校では、専門的な知識・技術に加え、京都の伝統・文化・歴史を学ぶことで、「和の心」を軸にした、感受性豊かな、ホスピタリティ溢れる人材の育成を目標としています。

キャンパスは世界文化遺産である二条城に隣接した歴史と文化に恵まれた場所にあり、専門教育を受け、豊かな感性を磨くのに最適な環境です。
京都文化医療専門学校はあなたを待っています。
同じ目標に向かって、喜びや悩みを分かち合い、輝く未来を共にする友と一緒に学びましょう。

PROFILE

NYのアメリカンタップダンスオーケストラに東洋人として初めて合格。
グレゴリー・ハインズ、セヴィアン・グローヴァー等のダンサーやミュージシャンと数多くの舞台、TV、コンサートに出演。フランス人ダンサー、メキシコの弦楽四重奏と様々な国で公演を重ね、各国のダンサーを指導。
自身のデュオ「TAPAGE」は世界的評価を受けている。